MENU

プロミスで保険証を提出しなければならないのはなぜ?

プロミスで保険証を提出しなければならないのはなぜ?

プロミスなどの消費者金融で借り入れをする時に健康保険証の提出を求められますが、なぜ提出しなければならないのでしょうか?この健康保険証は勤務先で加入する場合は社会保険や共済組合保険で、個人事業主や非正規で働く人が加入する場合は国民健康保険となっていて、健康保険にも色々と種類がありますが、基本的にどれかの種類の健康保険に加入しているものです。しかし、この保険証を持っていないというケースも少なからずあり得ます。それは、生活保護受給者、国民健康保険料の長期滞納をしている人、退職後に保険切り替えをせず、無保険状態になっている人などです。それで、プロミスなどの消費者金融が申し込みをする際に保険証の種類や有無の記入欄を設ける事により、申込者が生活保護受給者かまたは税金の滞納者であるかどうかの見極めをしている、という事が分かります。ですから手元に健康保険証がないとプロミスで借り入れをすることはできないと考えておいたほうが良いでしょう。どうしても借り入れをしなければならないなら、まず保険料を納めて保険証を準備しなければなりません。

 

プロミスで保険証を提出して行える事柄は?

このように保険証の提出には税金の滞納や生活保護受給者であるかの確認に用いられていることがあることが分かりましたが、この保険証は種類によっては別の方法にも利用することができます。それは在籍確認に利用するというものです。通常、この確認は電話で行われるものですが、社会保険や組合保険証の場合、勤務先がこれにより確認することができるので、プロミスが電話をしなくても大丈夫とみなしてくれることもあります。この方法を希望したい場合はプロミスのオペレーターと相談してみましょう。

プロミスで派遣社員はキャッシング出来るのか?

プロミスは派遣社員でも契約できるのか?

三井住友銀行グループの消費者金融であるプロミスは、大手消費者金融として多くの方が利用しています。最大で500万円までの融資が得られるフリーキャッシングを始め、自営者カードローンや目的ローンといった様々キャッシングサービスが提供されています。それぞれのプランは利用できる条件が異なります。派遣社員として仕事をする人がキャッシング契約を結べるプランはあるのでしょうか?確かにあります!多くの方が利用する、フリーキャッシングです。

 

フリーキャッシングプランとは何か?

融資額の利用目的も生活費としての利用なら自由に、最大500万円まで融資が得られるキャッシングプランです。こちらは申込条件として「安定した収入」が有る場合となっています。つまり、主婦でも学生でもアルバイトやパートによって収入が安定しているなら申し込みが可能なのです。ですから、派遣社員としてお仕事をされている方でも申し込むことができます。年齢は20歳以上69歳以下となっています。担保や保証人不要なので大変利用しやすくなっています。

 

派遣社員が気を付ける点とは?

派遣社員にも様々な形態があります。1〜3ヶ月の長期契約もあれば、1日のみの派遣契約の仕事もあります。この場合、1日のみの短い派遣はいわゆる日雇い業とみなされ、安定した収入減があるとみなされず、審査が通らないこともあります。契約前に確認するのが良いでしょう。

 

 

更新履歴